病院・薬局・医療関連|乳酸菌とビフィズス菌の違いについて

【無料の企業PR広告】
■該当件数2件 | <前へ | 1 | 2 |
TOP > 病院・薬局・医療関連 > くりはらメディカルクリニック

乳酸菌とビフィズス菌の違いについて


また、ヨーグルトにはビフィズス菌が添加されたものも多いが、これは乳酸菌とは違うのだろうか?
 「乳酸菌とビフィズス菌はいずれも乳酸や酢酸をつくるという点では似ています。違いは、ビフィズス菌は乳酸よりも酢酸を多くつくるという点。酢酸は乳酸よりも腸内を酸性にする力が強く、悪玉菌の繁殖を防ぐ力が強いのが特徴です。乳酸菌は主に小腸で働き、ビフィズス菌は主に大腸で働くため、両方とるとより高い整腸作用が期待できます」